変数管理

公式チュートリアル http://b.tyrano.jp/tutorial

変数管理 項目

公式チュートリアルhttp://b.tyrano.jp/tech/page/variable をご覧ください。
  1. 変数管理画面をひらく
  2. 変数のありかた
  3. システム変数ってなあに? システム変数
  4. 定数・変数・乱数ってなぁに!?

※現在、ティラノスクリプトコンポーネントのみで記述した変数(emb eval)は、jumpコンポーネント、分岐ボタンコンポーネントでは利用できません。コンポーネントでも利用したい場合は変数管理にて設定して下さい。

変数管理画面をひらく

画面左上のメニューから」「プロジェクト」を押してください
キャプチャ.jpg

「プロジェクト」から「変数管理」を選んでクリックしてください。
purijekuto.jpg

例1 正誤型
Aend.JPG

変数のありかた

変数には型があります。
型ってなぁに?と思われますが、簡単な約束ごとがあるということを覚えておいてください。
~お約束~
【1】文字を初期値に設定した変数には数字を代入できません。
【2】数字を初期値に設定した変数には文字を代入できません。

【3】正誤(true/false)を初期値に設定した変数には数字、文字を代入できません。
これだけです。
クッキーの型を思い浮かべてください。
誰かが貴方が作った「文字」と書かれたクッキー型に「数字」の3やら1の型を無理やり嵌めこもうとします。
当然はまりません。心優しい貴方が許しても、堅物なプログラム君は「やめて!!何してるの!?壊さないで!!」と言うでしょう。

数値型の一例
好感度
点数
エンディングを見た"数"
hensu_1.JPG


文字列型の一例
こんにちは
moji
hensu_2.JPG

システム変数ってなあに?

最後に。
これはティラノスクリプト・ティラノビルダーの固有のものですが、
システム変数というものがあります。
ゲーム全体で共有される変数です。
変数を定義するときに「システム変数」にチェックを入れているとその変数はゲーム全体で共有されます。

一例として
エンデイングをいくつ見たか?
A子エンデイングを見たか? などで使用できます。
hensu_3.JPG
型については上記説明と同様です。組み合わせて使っていきましょう。

スクリプトで一回のみ変数の初期設定をしたい時

[if exp="sf.flag == undefined"]
sf.flag = 0;
[endif]

NANの時はとりあえず先に置いておく。
システム変数に初期値は設定できず、最初はundefined という特殊なものが入っています。
代入ではなく、いきなり加算するような使い方をしたい場合は、
aa というシステム変数を定義した場合 初期化したい部分で、iscriptを配置して

if(sf.aa ==undefined){
sf.aa = 0;
}

定数・変数・乱数ってなぁに!?

jumpコンポーネントで使用するので覚えておきましょう。
定数・・・・定まった数です。なので簡単に0とか10とか。御自身で決める値です。

変数・・・・変化する値です。例として、他の変数の値を設定した場合に代入することができます。
jumpコンポーネントで使用する場合、先に代入する、代入される、双方の変数を変数管理で設定しておいてから、、jumpコンポーネントで代入する変数名をテキストボックスに書き込み、設定するということです。

乱数・・・・ランダムな値です。


オペランドとは、少し難しく説明すると演算子の作用対象のことです。 つまり、 演算子の左側または右側に記述されているものになります。A>B A=B


定数
tensu_1.JPG

変数
tensu_2.JPG

乱数
tensu_3.JPG

  • 最終更新:2017-07-25 15:30:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード