マクロとサブルーチンを使う

マクロとサブルーチンを使う

マクロとサブルーチンについては、記事が重複するのでこちら

マクロを書いて呼び出す。

【1】新しいマクロ専用のシナリオファイルを作成します。
新しいシナリオファイルを作成後、必要なマクロを記述して下さい。
【2】callを使って呼び出そう
◇first.ksにcallを使って呼び出します。 直接編集。
どこにあるのかはファイル構成を参照。

◇シナリオの途中チェックをする場合にも適用されるようにするには
ティラノスクリプトで一番上に仮にcallしておく。

豆知識 詳細をみる

call

first.ksでは必要なものをcallしている
first_ks.JPG
呼び出しを行っているだけで、ここに書かれているわけではない。
ここでは[return]していない。
書かれているのは、scenarioフォルダの中のsystemフォルダの中のシナリオである。
data/scenario/system/~.ks ファイル構成を参照

  • 最終更新:2017-06-18 06:33:44

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード