コンフィグ画面

コンフィグ画面 項目

メニューに戻る。
※2015現在は基本的にティラノスクリプトのスクリプトタグを利用しましょう。
  1. はじめに
  2. 必要な知識
  3. 文字表示スピードを変更しましょう

はじめに

Qどうして音量設定が気軽にできないの?
A ティラノスクリプトはweb形式で作られています。
各種ブラウザ、各種アンドロイド、iPhone(iOS)によって仕様が違う為。
各種ブラウザ、スマホに対応したホームページを作るだけでも、結構大変です。
ブラウザ版のみでいい、ティラノスクリプトを学ぶのであれば、有志が情報公開してくださっているので、
ティラノスクリプト製作 テクニックwikiのプラグインの欄をご覧ください。

必要な知識

Qコンフィグで使うタグはどれを見たらいいの?
文字スピード http://tyrano.jp/home/tag#delay
【delay speed=30】文字の表示速度の設定 数値は変更できます。

http://tyrano.jp/home/tag#nowaite
【nowait】文字表示の瞬間表示【endnowait】
待ち時間なしに、テキストを配置します。
ビルダーではこちらのコンポネートがあるので利用してください。
text_sokudo.JPG

音 オンオフ
[iscript]
/*BGMを再生する*/
TG.stat.play_bgm = true;
/*効果音を再生する*/
TG.stat.play_se = true;
[endscript]


[iscript]
/*BGMを再生しない*/
TG.stat.play_bgm = false;
/*効果音を再生しない*/
TG.stat.play_se = false;
[endscript]

必要な知識ほか
エンティティ http://tyrano.jp/adv/next/hensuu
入力形式でなければ必要はないかと。

分岐。 とにもかくにも、分岐です。

システム変数は sf.hensu です。hensu の部分は英字で好きなものに変更してください。
以降、この変数がフラグ(分岐ジャンプ)として使用できます。
セーブ&ロードで引き続き、分岐したい場合は、make.ksに分岐処理を記述してください。
ティラノスクリプト制作テクニックwiki make.ks

文字表示スピードを変更しましょう

○一番簡単な方法は文字スピード 20 30 40 50 のいずれかの数値をプレイヤーに
【選択肢として】選ばせることです。数値が少ないほど早くなります。



○このような→ 【遅い|---普通|---| 早い】
見た目については分岐で画像ボタンを変更することで、可能です。
チェックボックスについても同様です。
画像ボタン押す→ジャンプ分岐→画像ボタンの変更。→はじめに戻ってくるが【表示内容をジャンプで分岐】

…ようするに見た目の誤魔化しです。http://tjs2.info/TJS0603.html

※htmlタグを使う場合は別です。


◎通常の選択肢で表示する分岐ボタン(【glink】)が一番簡単かと思います。
分岐ボタン
【早い】 【普通】 【遅い】→分岐ジャンプ→変数フラグを付加+スピード変更→はじめに戻ってくるが【表示内容をジャンプ】で分岐
janp.JPG text_sokudo.JPG



どうしてもわからないエラー(デバッグ)の際は必ずファイルの中をみてみましょう。

ティラノビルダーによる文字表示スピードの変更

◎簡単なものをビルダーで作ってみました。(タイトルから呼び出しする短編に適したタイプ)

シナリオ名は画像をクリックしていただければ、わかりますが、 config.ksです。
bilu_messe_kai.JPG
速い sf.speedflag=0; 普通 sf.speedflag=1; 遅い sf.speedflag=2; でフラグをつけておきます。
この時点では特に意味はありません。

タイトル画面から呼び出しする形にするため、タイトル画面に戻るを付け足した形
biru_messe2.JPG

ゲーム中に表示を変えたいと思うでしょうが近日オリジナルUI作成ができるようにアップデートされるともありますので、現在は割愛しておきます。どうしても作りたい場合はティラノスクリプトのデモゲームをダウンロードして学習してください。http://tyrano.jp/home/booster_samples

owari.JPG
タイトルに戻るときは表示をタイトル画面に合わせてリセットしてください。

実行画面
config1.JPG
config2.JPG
config3.JPGこの画面でボタンが消えますがはじめのstartに戻るので何度でも選択できる。
ヘルプを表示してあげた方が親切かもしれません。デザインは各自、画像を使うなりして素敵に変更してください。

タイトル画面に環境設定を追加
taitoru.JPG taitoru_kankyou.JPG

選択をしたあとのタイトル画面で【はじめから】を選択するとメッセージのスピードが変更されています。
ただし、これだけでは【つづきから】を選んだ場合、変更されずに元のメッセージスピードとして表示されるだけです

入力形式にする場合は
ボタンを押して分岐後、
[iscript]でsf.speed=20;と設定。直後で
テイラノスクリプトコンポネートで[delay speed=&sf.speed]としてください。
ただしコンポネートのメッセージスピードとの併合は、まだ解明されていません。


音のオンオフ

確認中です。tgは使えないかも。
【1】一番簡単な方法は、音の再生前にフラグ判定をつけておく。
(毎回分岐を付け加えるのが大変。私は、音楽再生専用シナリオファイルで管理してる。再生前に音楽再生シナリオにジャンプ後に判定。※通常はcallですが、ティラノビルダーのみの話なのでここでは追求しない。)
【2】タイトル画面からコンフィグ画面のシナリオにジャンプするボタンを加える。
【3】コンフィグ画面からフラグを立たせる

共通事項

セーブ&ロードで設定を継続させるには あらたにmake.ksに分岐処理をティラノスクリプトで記入しなければなりません。現在は表示できないようになっています。
(よくわからず弄ってしまうとセーブロードができなくなるので)

[if exp="sf.speedflag==0"]
[delay speed=20 ]
[endif]
または、
[delay speed=20 cond="sf.speedflag==0"]
と書いて分岐してください。


入力形式にした場合は[delay speed=&sf.speed]としてください。

  • 最終更新:2016-01-25 04:54:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード